勉強

料理人になるには

学校で学べること

調理

料理人として働くには、調理師免許がなくても働けますが、免許を持っていたほうが、就職に有利に働く場合が多くあります。調理師免許を取得するには飲食店などで2年以上の実務経験を経て、調理師試験に合格する方法と1年以上調理師養成の専門学校で学び卒業することで無受験で取得する方法があります。和食やイタリアン、フレンチなど特定の料理の専門のシェフになりたい場合は専門学校で基本を学ぶことで就職に有利に働くことがあります。専門学校を卒業すれば、海外留学のチャンスも生まれます。その他にも、専門学校で学べば、ホテルやレストランなどで働く可能性が増えます。調理師専門学校では食材、調理器具、食器、厨房のこと、衛生、サービス、経営、食の歴史、食文化など幅広い知識や技能を学ぶことができます。

料理人としての展望

専門学校は基本的には週5日、毎日通うことになります。夜間講座で働きながら学べる学校もあります。調理師専門学校卒業者への求人は100%以上で、学校を出たけれど就職先がないということはないので安心です。調理師になるには料理や食べることが好きなことが大前提です。その上で、魅力的な盛り付けや新作を作り出す創造力なども求められます。若手時代は厳しい修業期間もあります。立ち仕事なので、重い調理器具を持つことは当たり前です。体力がないと続かない職業です。ファミレスなど安いレストランも増えていますが、美味しいものを食べたいというニーズは減ることはないため、調理師の仕事がなくなるという心配はありません。ただし働き口はあるけれど、収入は働き口によって様々なので、どういうところで働きたいのか明確にしておく必要があります。将来的にサラリーマンとして働き続けるのか、自分の店を持つのか、学生のうちに将来設計を立てておく方がいいでしょう。